転職と起業情報

収益力の上がるキャンペーンやバーゲン

収益力の上がるキャンペーンやバーゲン

キャンペーンやバーゲンというと「大特価」や「大安売り」「今だけ半額!」のような価格面アピールが連想されやすいが、店舗側にとっても価格勝負はあまりしたく無い物。

「良い物を安く」、という良くあるフレーズも聞こえは良いが、良い物を届けるにも、スタッフが生きて行くにも、そして会社として存続していく為にも儲けが必要な点には変わりない。本当に良い物を広めたいのなら、それは善意として、ボランティアと化するだろう。

話を戻して、

顧客層を絞る。競合店が客層Aを重点的に狙ってる最中、手薄な客層Bへ働きかけるという物。当たり前のようで、絞りきった販促は中々見られない。

競合店が地域A~Cを資本力に物を言わせてチラシでドーン!っと狙っている間に、ダイレクトメールでピンポイントに行ったり、密集地帯でのポスティングや、販促の密度や地域変更といった事も出来る。

これらの方法は出来るだけ競合店とは正面から勝負しないように心がける物なので、顧客属性を見誤る事の無いように慎重に進めていきたい。

普段は収益商品(→集客商品と収益商品で分類)でも、あえて集客商品のように振る舞わせる事で、チラシの見え方も違ってくる。収益商品のお試し版やレンタル・リース、廉価版、体験版を出してみるのも良いだろう。

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional