転職と起業情報

集客商品と収益商品で分類

集客商品と収益商品で分類

画像の説明
消費者にとっては、敷居の低い低単価案件を取り、結果として高頻度案件が多くなる。物販だと顕著だろう。

ただ、よく売れているから、と言っても収益力の乏しい低単価案件で何時までも粘るわけにも行かないだろうし、収益商品へと何れは繋げていく必要が出てくる。商品にもコレで販促に繋げよう、と、まずは来店して貰わなくては始まらない。

よく案件獲得に繋がる商品・サービスと一緒にPRを行っていくことで無闇に広告を打つような事もしなくて済む。いきなり高単価案件について折り込みチラシをばらまいてもレスポンスは望めないだろう。

またもネットの話になるが、実店舗と違って物理的な障害が無いネットショップでは事情が異なり、集客商品が不要な事もある。知識的にはかなり畑違いのスキルを必要とするが、何れ本サイトの項目を追加していきたいと思う。

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional