転職と起業情報

PR前に気付いておくべき事

PR前に気付いておくべき事

注意を引き付けたり、欲望の喚起や必要性を訴える前に、顧客の様々な環境が整っているか確かめておく必要がある。特に新商品、新サービスをリリースする場合には重要。

家具、バッグ、衣類、自動車、自転車、家屋など物理的な要因がまず影響する場合は、顧客層に応じた物を選定、或いは開発しなければならないかもしれない。

物理的な要因が解消されれば、必要性などを訴える為に、一般的な広告の他、展示会、試供品、デモ品、体験版、サンプル、カタログ、会費の一部免除といった導入コスト削減。

心理的な要因とは、「普通××はしないよ」だとか「今まで無かったはず」のような先入観を取り除く為の対応策になる事が多い(全国的な流行を促せるような大手企業は別)。

スタッフが継続利用のレポートをしてみたり、化粧品なら無香料で使用しても気付きにくい事を、逆に商品やサービスのアピールへと使う。

「△△歳前後の経営者がよく採用されている商品です」と言い切ると、その商品の対象年齢・職業などが限定されてしまう場合があるので、新商品などについて不用意に提案すると売りにくくなってしまう事もある。

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional