転職と起業情報

商圏把握は最短距離で

商圏把握は最短距離で

人は目的地へ訪れる際、ほぼ確実に最短距離で行く習性がある。

商圏は店舗より所要時間5分とされるが、必ずしも同心円では無く最短距離か、道に迷いにくい直線のコースを辿ってくる。特に自動車などの場合は一方通行の概念もあってヤヤコシイ。

この為、最短距離に出来なくする要因は商圏分断と判断される事もある。例えば横断歩道が殆ど無い大通りや、線路も連続して何個も踏切がある訳では無いし、河川へ橋を掛けるにも限度がある。

逆に閉鎖的な領域(山を切り開いた住宅街、埋め立て地)は、他の地域へ移動する際、必ず交差点、線路、橋、トンネルといった部分を通らざる得なくなり、集中する要素となりやすい。

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional