転職と起業情報

商品・サービスの分類方法に関して

商品・サービスの分類方法に関して

滞在時間をより多く取らせる事で商品・サービス案内について顧客にPR出来る機会は増大するが、買うまで時間かかって満足に買い物できない、のでは本末転倒になってしまうので、以下のように分類方法が基本となってくる。

用途別。

使用目的がハッキリしていて、一定のカテゴリでくくる。「オフィス内の清掃用具」で「ブラシ、洗浄剤、エアーダスター…」といった商品が並ぶような感じ。

客層別。

年齢、性別、イベント(入学式とか)、といった大まかな客層で分ける。ジーンズ専門店で「メンズ」「レディース」で分けているような感じに。

価格別。

予算に応じて買い物が出来る分け方。お歳暮やお中元といったプレゼントやギフト関連、専門店で商品点数が多すぎる場合に。

対新規顧客向け。

各専門性を有するスタッフが選んだ商品群でひとまとめにしておく物。新規顧客が商品を見たとき、どれを買ってみれば良いか分からない場合が多く迷い続ける方、参考となる資料なども確保しておきたい。

デザイン別。

商品を使用する際の機能としてはどれもあまり変わらないが、色彩、形、素材、デザイン、意匠性といった面でコダワリが出る物。

大まかに分類しても、さらに小さなカテゴリで価格や機能などで絞り込めるようにしておくと商品が選びやすくなる。

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional