転職と起業情報

主力案件と集客案件の関係

主力案件と集客案件の関係

画像の説明
主力案件の条件は単純で、誰が見ても売れ筋案件、店舗内でもっとも売れ行き(伸び率も)が良い、競合他社がまだチカラを入れていない、全体的(業界)に見れば低迷しているが売上げが維持できている物・・・

ネットショップの場合、実店舗と違って「販売可能数、在庫数」といった要素に影響されにくいが、トップページで確認できる情報はA4用紙で1枚そこそこ程度なので、やはり絞り込みやページ構成大切。

また自社では売れ行きが悪いのに、他社では主力案件という事もあるので、なにが影響しているか、障壁になっているか突き詰めて対処すれば主力案件へと移行できる場合もある。

集客案件は主に、安さ、品揃え、必需品といったキーワード。回転率が高く、顧客を引っ張ってくれる案件となる。集客しつつ、グレードが高かったり、利便性が高かい物で集客案件と関連性の高い物で単価上昇を狙っていく。

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional