転職と起業情報

プレゼント類の配分方法

プレゼント類の配分方法

当選金100万円を独り占めできるのか、1万円が100人に配分されるのか・・・?どちらも賞金予算は同じ(手数料等は除く)でも、顧客の心理状況に応じて応募数は異なってくる。

例えば納豆についてくる1万円キャンペーンは、物価高で生活費の切り詰めから主婦・主夫の「少しでも生活の足しにしたい!」を考えた物かもしれない。

顧客層、流行は自社の顧客リストから。プレゼントで人気がある物は各社のプレゼント企画や、ポイント系サイトを観察するとある程度はイメージが付く。

どれくらい効果があったのか「効果測定方法」も考えておかないと、せっかく予算を割いたプレゼントキャンペーンも無駄になってしまうので気をつけておきたい。

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional