転職と起業情報

ターゲットとなる顧客属性

ターゲットとなる顧客属性

美羽級住宅街では製品やサービスに対する選択眼を、オフィス街では日中は忙しい為に特定分野の商売が、商売へは直結しにくい年齢・職種の偏りの有無、景気と良く連動する工業団地など。

陥りやすいのがオフィス街。日々会社へ勤務しているサラリーマン、経済的にも安定した公務員などは一見、お金をよく落としそうだが、日中は大量に居るにも関わらず購買意欲は低い。

何らかの業務に従事している、という属性は業務の為に動いているのであって、「遊びに来たり、何か買いに来ている訳では無い」ので、昼間の僅かな時間、退社後の数時間勝負な特殊な商売が成立しやすい。

しかも退社後のオフィス街は、住宅からも隔離されているだけあって一般人すらも見なくなってしまう事が多い。

一方で週末や休日に訪れる顧客は、「遊びに来たり、何か買いに来ている」ので、該当エリアの滞留時間も長く、消費行動が主目的となっている為、商売上有力候補になる可能性が高い。

Webサイトのビジターにも同じ事が言え、検索結果に連動する広告などがソレにあたる。

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional